大学用のPCは何にすべきかPC好きの理系大学生がポイントを学部別に伝授!

大学用のPCは何にすべきかPC好きの理系大学生がポイントを学部別に伝授! 授業

こんにちは、まりとです!

大学に入ったら誰しもが持つであろう、自分のPC、実際に買うのは大学に受かった後、授業を受ける前でしょうから、実際にどんなPCを買えばいいか最適なものがわからないと思います。

今回はそんな大学用に使うPCはどんなものにすればよいかについて話していきます。

また、PCは授業で使う場合もありますから、学部別にもどんなPCを使うべきかを話していきます。

そもそも大学ではPCを何に使うの?

というか大学でPCを使う状況って何?と思うかと思います。

ここについてはほとんどの場合、資料作成、履修登録、使うのはこれぐらいです。

資料作成というのはレポートを作成するのにWordを使ったり、Power Pointといったオフィスソフトが使えれば大丈夫です。

厳密にはレポート作成はスマホやタブレットでもできますが、将来会社に入社した場合は十中八九資料はPCを使った作成になるでしょう。

僕の周りでもPC使わないでスマホでレポート書いたわ!という人もいるのですが、断然PCで作成したほうが画面が大きいし、調べ物をしながらの資料作成ができますから、PCは買っておくべきです。

あとは理工系だとプログラミングとか、CADといった処理が重くなる作業に使うこともあります。

学校にPCはあるから自分の要らない?

今の学校のほとんどは大学の図書館やPC教室などを使って資料を作成できる環境が整っています。

そのため、PCは自分の買わなくてもよくない?買うのにもお金かかるじゃん!という考えの人もいるでしょう。

しかし、自分のPCを持っていると、授業中にこっそり他の授業の資料を作れたり、カフェに行って作成(大学生になったら誰しも思うはず…)、と場所に縛られずに資料作成ができます。

それに大学のPCで済ませようとすると、休日は使えない教室もありますし、期末テスト期間になるとレポート作成に多くの学生が学校のPCを利用するので、学校内のPCが使えない状況になります。

そんな状況になっても自分のPCを持っていれば安心して資料が作成できる環境を得られることから、やはり自分のPCを持っておくことはお勧めします。

学部別PCの選び方はどれ?

大学用のPCは何にすべきかPC好きの理系大学生がポイントを学部別に伝授!

次に学部別にどんなPCを選ぶべきなのかについて話していきます。

PCについて詳しい人でも大学で使うに最適なものは何か?については答えるのが難しいと思うので、どんなPCを買うべきかスペックについても絡めて紹介していきます!

また、今回はOO社のこの型番のPCといった特定のPCを選ぶのではなく、

こういう機能があれば大丈夫だよ!という感じで紹介します。

どんな学部でも共通するおすすめPCとは?

全学部で共通するおすすめPCの条件は、

  • カバンに入れて持ち運びが簡単な大きさのもの(13インチぐらい)
  • できればHDDではなくSSDを使っているPC
  • メモリが4GB以上

この条件であれば大体大丈夫です!

一番に僕が後悔しているのが、16インチの大きさのPCを買ってしまったことです。

16インチということで画面はすごい見やすいのですが、持ち運びがしづらく、授業ごとに教室を移動する大学生にとっては大きすぎたな…と思いました。

また、これほど大きいとリュックも大きくなるので、大学で使いたいリュックも制限されてしまいます。

実際にほかの学生を見てみるとPCを持ってきている人の多くは13インチぐらいのPCで、16インチほど大きいPCを持ってきている人は少数な印象です。

別に16インチでもいいんですが、そこまで大きくなくても大丈夫です。

文系におすすめするPCとは?

僕は理系なので実際に文系が使う手段は正確にはわかりませんが、友達を見ている分には、

  • パワーポイントやレポートの作成
  • エクセルで部活などの会計管理
  • 履修登録

これぐらいしか使い道がないように見えました。

つまり、

  • ブラウザが使える
  • オフィスソフトが使える

これを満たしていればなんでも大丈夫です!

といってもこの2つはどんなPCでも備わっていますし、大学によっては在学中はオフィスソフトが無料でダウンロードできる学校もあるので、文系の方でPCを選ぶときはデザインで決めても何も問題はありません。

あと個人的には、バッテリーが長く持つもののほうが使いやすいかもしれないです。

理系におすすめのPCは?

理系はデータ処理、CAD、プログラミングといった文系以上にPCを使う機会が多いです。

そのため、ある程度スペックが高いものを選ぶべきです。

といってもスペック的には新品であれば

  • メモリが8GB以上のもの

これぐらいで十分かなと思います。

実際に大学側から、「このスペック以上のものを買ってください!」というお知らせが来ると思うので、それを見てPCを購入してもいいですね。

ちなみにPCのデータ容量については128GBもあれば十分だと思います。

僕は授業でプログラミングをするのですが、実際にプログラムコードをコンパイルするときには結構メモリを使ってしまい、授業の中には4GBだと少し不便!という時もあったので、少なくとも8GBは欲しいところです。

ゲームをするわけでもないし、大学によってはクラウド上にデータを保存する、オフィスソフトのOneDriveのようなサービスを使える場合があるので、容量についてはあまり気にしなくて大丈夫です。

まとめ

今回の話をまとめると、

  •  どの学部でも13インチぐらいの持ち運びしやすいものを選ぶべき
  • 文系はデザインで選んじゃってOK
  • 理系は8GB以上は欲しい!

実際にPCの使い道が思ったほど少ない!と感じた人もいるのではないでしょうか?

そのため、スマホアプリでもがんばればPCなくても行けるじゃん!という人も途中で出てくる人もいますが、結局は大きい画面でマルチタスクができるPCのほうが作業はやりやすいです。

PCは少し値段が高い気もしますが、就職したときも使うとなれば、大学生のうちに慣れておくのはすごい大事です。

PCを買うときはこれを参考にして、自分に最適なPCを選んでください!

sponsor link

コメント

タイトルとURLをコピーしました