大学生が教える初めての新歓でどのように部活やサークルを決めるかについて

大学生が教える初めての新歓でどのように部活やサークルを決めるかについて 放課後

こんにちは、まりとです!

新歓は大学生になって初めての時期に誰しもが経験すると思われるイベントの一つですよね。

入学式のために学校に行くとき(近年はない大学もありそうですが…)、いろんな人に囲まれて様々な部活、サークルに誘われるという、大勢の人にたくさん取り囲まれる経験はしたのかなと思います。

そんな新歓ですが、その時はいろいろな団体が入会を迫ってきて言ったどんな団体に入ればよいのか気になりますよね。

ということで今回は大学生である僕が新歓でどんな部活・サークルに入るべきかその決め方について話していきます。

そもそもサークルと部活の違いって?

一番最初に思うのが新歓と部活って違いあるの?ということだと思います。

実際の違いは大学によってさまざまでしょうが、僕の大学では以下のような部分に違いがみられました。

  • 大学の文化会やスポーツ会に入っているのは部活、そうでなければサークル
  • やることが明確化されていて大学のために動くのが部活、そうでなく自分たちが主体的に動けるのがサークル

以上の点からいうと、部活は大学が公認している団体ということになります。

実際にはサークルも会計処理を行ったり、大学に申し出る必要がありますから、厳密には大学に認められている団体なのですが、部活のほうが大学の監視が比較的されていて、信頼度の高い団体であることになります。

僕も実際にサークルと部活どちらとも入っていたのですが、部活のほうが1年でやることが明確化されていて、高校の部活のように目標に向かって取り組む感じがありました。

ちなみに部活は陶芸部に入っていたのですが、1年の内に学校内で行う作品の展示会や大学祭のためにどんな催しをするかとか、部員同士でどうやったら作品作りがうまくなるかを切磋琢磨している印象でした。

それに対して僕が所属していたバドミントンサークルは定期的に学外の体育館でバドミントンを行い、年に数回合宿や食事会がある感じで、部活よりも遊びや交友関係づくりに特化している印象でした。

といってもそのサークルでも大学祭では実際にお店を出して食べ物を売っていたので、大学内での行事にも参加していましたよ。

部活やサークルの決め方

大学生が教える初めての新歓でどのように部活やサークルを決めるかについて

次に部活やサークルのどちらを入ればよいかの指針をいくつか取り上げようと思います。

実際に僕の大学ではバドミントンでも部活とサークルどちらも存在しており、サークルに関しては名前が違うけどバドミントンサークルが2つ3つあったので同じスポーツでも複数の団体がある場合もあります。

そんな同じことをする団体でもどのような判断材料で決めるべきかを参考にしてみてください!

遊びとして取り組むか、部活として真剣に取り組むかで決める!

これは経験談ですが、サークルは遊び目的、部活や実績を作る(結果を出す)色が強い感じがしました。

バドミントンについて、僕は新歓の時にサークルと部活どちらとも説明を聞いたのですが、

サークルは楽しくバドミントンをする!それで夏休みとかの合宿ではメンバーと仲良くなって大学を楽しくしよう!という印象。

部活では大会で成績を残すために週3~5日放課後に練習してバドミントンのスキルを上げる、というTHE スポーツ部という印象がありました。

大学で団体に入る場合でも、

高校では部活に命注いできたから、大学では遊び感覚でスポーツがしたいな…

大学こそみっちり部活に真剣に取り組んで勉強、運動ともに充実した生活がしたい!

といった様々な気持ちが人によって違ってくると思います。

一つの指針として遊びかスキルアップのためかで決めるのもいいかと思います。

友人と一緒に入る

友人と一緒に入ればそれがたとえ自分があまり興味がない団体でも入ることに抵抗感が少ないです。

そのため、友達と入部してみたら自分がいままで親しくなったことのない新しい価値観の人と会ってそこから仲良くなったりと、自分の予想にしていないことが起きるかもしれないです。

また、同じ大学で高校までの知り合いが少ない場合もあります。

知り合いが0の場合よりも友人と一緒のほうが、

入りたいけど勇気が出なくては入れない!という時も入部できそうですよね。

退部前提で入る

前期はとにかくやってみてつまらなかったらやめる、というように退部を前提でとにかく入ってみるのもいいですね。

新歓の時はどの団体も自分たちの良い部分をとにかくアピールしてくるので、実際に入ってみないと良し悪しがわからないのがほとんどです。

そのため、話を聞いて少しでもピンときた団体にはとりあえず入ってみて、勉強の忙しさ、学校の活動以外でしたいこと、入った団体での交友関係や充実度などを考えて決めるのもいいですよ!

まとめ

今回の話をまとめると、

  • サークルは遊び、部活は実績やスキルアップの色が強い
  • 入る団体に何を求めるかを考えるべき!
  • 友達と入ればどんな団体でも入りやすく、新しい価値観の人とも仲良くなれるかも…
  • 退部前提で入ってその団体の良し悪しを決めるのもいい!

実際に僕はバドミントンサークル、陶芸部の全部で2つに入ったのですが、1年生のうちにバドミントンサークルのほうは辞め、陶芸部を続けることにしました。

というのも前者はそもそも活動に積極的に参加しようと思えなかったのですが、後者のほうは部員数が少なく、同期、後輩先輩とも仲良くなれて活動も充実していたのが理由としてあります。

皆さんもサークルや部活に入る際は、入ったうえでどんなことがしたいのか目標を考え、その目標を達成できる団体に入るのが一番だと思います!

 

sponsor link

コメント

タイトルとURLをコピーしました