家が大好きな大学生がお金がない大学生のためにコスパ高い趣味を力!説!

家が大好きな大学生がお金がない大学生のためにコスパ高い趣味を力!説! 趣味

こんにちは、まりとです!

大学生になると旅行に行ったり、インスタで人気のお店に行ってグルメ巡りしたり、友達と夜更かしして家に泊まったり….
とトニカクたくさんやりたいことが出てきますよね。

しかしその実、大学生ってお金がないのも事実です。
僕は一人暮らしをしていますが、実際にバイトで稼いだお金は8,9割ぐらいは生活費で消費します。
実家暮らしだったらまた別ですけどね。

しかし、やはりやりたいことがたくさんありすぎてお金をどんどん消費していくんですよね。
だけど大学生になったし楽しいことをたくさんしたい!と思う人は多いと思います。

ということで今回は、大学生がコスパ良く毎日を楽しむための趣味についていくつか紹介していこうと思います!

初めに結論!:家でできることで楽しめ!

僕が思うのはまずこれです!

家にいましょう!

実際にお金がかかると僕が思う趣味というのは、

  • アーティストのライブをはじめとするイベント
  • グルメ巡り
  • ショッピング
  • 友達と遊ぶ
  • 旅行

これらを考えます。
で、これらをする成り行きって大学生になると平日でも遊べる時間もできるので、平日に開くライブを見に行ったりとか、暇な時間を感じたらすぐにいつもつるんでいる友達とどこかに行こうとする感じだと思います。

しかし、こういう外で何かをすることって大体がお金かかるんですよね。

実際に前述した5つの趣味って全部家の外でやることです。(ライブは最近だとオンラインライブとかありますが)

また、外にいると相当の田舎でない限り、飲食店やその他の趣味趣向品を売る店が視界に入るので、無意識のうちにお店に入り、結果お金を使うという流れになりやすいです。

しかし、家となると、自室を持っている人はすでに自分の好きなもので満たされているでしょうから、家の中で楽しいことができるので、結果コスパ良いんですよね。

家で何かをするときってやることが大体決まってるだろうし、本来使うはずじゃなかったものにお金を使う機会を減らせます。

ということで、家にいる時間を増やし、家でできる趣味を増やすことをおすすめします!

そもそもコスパ良い趣味とは?

家が大好きな大学生がお金がない大学生のためにコスパ高い趣味を力!説!

僕が思うコスパ良い、というのは、家でできることを趣味にしていると結果コスパが安く済むということです。

一応言っておきますが、コスパ良い趣味というのは、
お金なしでできる趣味
というわけではありません。

もちろんお金を使わない趣味もありますが、何をするにしろ少しの出費はかかります。

しかし、これを趣味にして毎日楽しんでると長い目で見るとお金をあまり使わないで済む、という感じですね。

コスパ良い趣味についていろいろ紹介!

次に具体的にどんなコスパ良い趣味があるのかについて紹介していきます!

動画配信サービスを見まくる

動画配信サービスでは月に数百円払えば映画が何本も見れるのでおすすめです!

実際に映画館に見に行くと大学生だと1500円ぐらいしますが、それが動画配信サービスを利用すれば映画を一本見るだけで元が取れます!

まぁ、配信サービスだと最新の映画は見れないですが、面白い!楽しい!という気持ちになることを重視すると、別に最新の映画を見なくても面白い!楽しい!気持ちに離れるのでコスパ良いです!

また、動画配信サービスでは自分が本来見ないような作品もたくさん見れるので、そういったいつもは見ないような作品を見ることでも楽しみが広がります!

短期バイトをたくさん経験する

僕は短期に関してはしたことはないのですが、友達の話を聞いた上だと短期バイトを趣味にするのいいんじゃ…と思いました。

ちなみに短期じゃなくても、バイトならなんでも大丈夫です。

バイトだったらお金がもらえるので、やって損した…という気持ちになりにくいです。
だから仮につらい経験をしてもお金をもらえるというメリットはあるのでそれで立ち直ることができます。

そしてバイトで初めてやったことだと、
この仕事ってこういう風にやってたんだー、と新しい経験を味わえたり、本来会うはずのなかった職種の人から面白い話を聞けたりと、いろんな新しいOOを味わえます。

また、バイトをすることで社会経験としても役に立ちます。

僕としては実家暮らしだし、お金を稼ぐ必要ないからバイトしない、という人はすごくもったいないと思うんですよね。

バイトをお金目的ではなく、新しい経験をするということでやってみるのもいいと思います。

読書

読書は1冊読み終わるのに何時間もかかるので、読みだすと時間が許す限り読み続けてしまう、というのがあると思います。

僕は夜中に急に本棚から取り出した小説を読みだして次の日寝不足になったことがあります。

寝たいけど面白いが勝るので読み続けてしまうんですよね。

あと、読書って難しいからずっと読んでいるというのもあると思うんですけど、面白くてずっと読むこともあります。

1冊を1時間ぐらいで読む速読法もあるらしいんですが、正直一語一句楽しむために読むと1日って余裕で使います!

また、本って買うのにも1000円ぐらいかかるじゃん!と思う人もいるでしょうが、
大学生は学校の図書館で本を借りれば何冊でも無料で読むことができます。

そうなると漫画はやっぱり買う必要がありますが、TSUTAYAのレンタルで借りるとか、中古本を買うなどをして工夫すると、新品本を買って読むよりはコスパ良いですよね。

ゲーム

本体を買うための初期費用が高いですが、ソフト代とそれをやりこむ時間を考えるとゲームはコスパがいい趣味です!

PCのゲームをキーボードやマウスもゲーミング用でやる、という人はコストはすごいかかりますが、
競技性を意識するよりも楽しむ重視でやるゲームはコスパ良い趣味になります。

というのも、一つのソフトをやりこむのにも大体1本のソフトで30時間ぐらいはかかります。

また、やりこみ要素があるソフトならば100時間以上かかるものもあるので、エンジョイ勢として楽しむゲームはおすすめです。

ちなみに、

  • ソシャゲのような終わりのない課金要素があるゲーム
  • 周辺機器をそろえてガチでやるゲーム
  • オンライン要素がメインのゲーム

このような、お金を使うことに際限がない要素があるゲームは逆にコスパが悪いのでお勧めはしません。
こういった場合のゲームでお金を使わないようにするには、課金をしない意識をする必要があります。

そうではなく、僕は一回購入したらそのあとは課金要素がないゲームをお勧めします。

例に挙げるとskyrimというオープンワールドゲームがおすすめです。

そのほかにもRPG系は楽しく、長く楽しめるゲームがたくさんあります。

ゲームに関しては遊ぶ作品によって高額なお金を払いたくなるものはあるのですが、買うソフトの種類に気を付ければ長い間楽しめるコスパ良い趣味になります。

まとめ

今回の話をまとめると、

  • 外より家でできる趣味をするほうがコスパが良い!
  • コスパが良いというのはお金はかかるけど少ない金額でたくさん楽しめるという意味
  • 動画やバイト、読書、ゲームといろいろなことで楽しめ!

最後に、趣味というのは工夫次第でなんでもコスパ良く楽しめるというのを知ってほしいです。

それこそライブこそ、コンサート会場に行って聞くほうが臨場感を楽しめていいですが、
オンラインで見るにしても楽しいには変わりないです。

自分の趣味を、どうやったら面白さを維持したままコストを削減できるかを考えることで、もっとたくさんのことを経験できると思うので、ぜひ今回の話を参考にしてみてください!

sponsor link

コメント

タイトルとURLをコピーしました